• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Twitter Icon
  • White TripAdvisor Icon

Copyright © ANAORI CARBON Co.Ltd. All rights reserved

アナオリカーボンポット × 匠(シェフ)

あのシェフもお墨付き!
FEBRUARY 26, 2018

旨味、香り、水分。何も逃がさないんです!

本場での修業経験を経て“イタリアン割烹”なる独自のスタイルを確立したオーナーシェフの白石涼海さん。今回、カーボンポットで挑戦してくれたのは、イタリアの定番料理・カルツォーネと淡路島玉ねぎの塩蒸し焼き。さてその仕上がりや如何に?

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Google+ Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon

第3回 神戸●イタリア料理

『イタリアン割烹 海』オーナーシェフ 白石涼海さん

一滴の水も入れていないのに、このジューシーさ!

 一品目は、淡路島の玉ねぎを塩蒸し焼きにしたシンプルな料理。

 カーボンポット『VOL.(ボリューム)』の底にびっしりと粗塩を敷き詰め、皮付きのまま半分にカットした玉ねぎを置き、上にローズマリーを載せる。

「普段は、アルミホイルに包んでオーブンで焼くんですが、その差は歴然です」とシェフ。

 蓋をして強火で10分、その後ごく弱火にして約20分。出来上がったところで蓋を取れば、ローズマリーの香りがブワッと溢れ出る。玉ねぎの断面は、見るからにとろとろだ。

「一滴の水も入れていないのに焦げてもいないし、すごくジューシーでしょう?」。

 食べて見ると、蕩けるような玉ねぎの甘みが舌を包む。繊維の中に溶け込んだローズマリーの香りが、後から後から追いかけてくる。塩味はまろやかで、シンプルなのにご馳走感たっぷりだ。

「玉ねぎの水分が、ポットの中でローズマリーの香りや塩分と一緒に対流して、それがまた玉ねぎの中へ戻っているみたいですね」。

 オーブンで焼いた時には流れ出る、茶色の液体が出ないことに驚いたというシェフ。

「密閉性が高いので、甘みも香りも旨味も、何も逃がさない。甘くて美味しい淡路島玉ねぎの魅力を、丸ごと余さず味わえる、もってこいのポットです」。

​最新情報
Please reload

「玉ねぎの塩蒸し焼き ローズマリーの香り」

ローズマリーのふくよかな香りとまろやかな塩味が、みずみずしくて甘い玉ねぎの魅力をさらに引き出している。

パリッとふわふわの秘密は、均一かつやわらかな火の通り

  さてもう一品は、ピザと同じ強力粉の生地で具を包んだ、三日月型のカルツォーネだ。中はガーリックオイルで炒めたキノコやトマトにモッツァレラチーズ。トマトソースの代わりに、白味噌の六甲みそを使うというのが白石シェフらしくて、なんともユニーク。

 薄くオリーブオイルを塗ったポットを強火で温めてから、カルツォーネを入れて弱火で10分、裏返してもう10分。焼きあがったカルツォーネは、外側パリッと香ばしく、内側はふんわり。かぶりつけばもっちりの理想形。

「あたりのやわらかな火が、生地全体を包み込むので、ほどよく焦げ目がついて、パリッと香ばしく焼けるんです」。

 カーボンポットは、熱伝導率が高いだけでなく、熱拡散率も高いため、全体にムラなく熱が行きわたる。シェフは、その特性を見抜き、ポットをオーブンのように用いたわけだ。

「オーブンより、水分を閉じ込める力が強いので、ふっくら柔らかく焼けるんです。次は、焼きリゾットを作ってみようと思っています。きっと、お米もふんわり美味しく仕上がると思います」と瞳を輝かせるシェフ。次のチャレンジ結果が、今から楽しみだ。

「キノコと白味噌のカルツォーネ」

パリッ、フワッ、もっちりの生地と、クリーミーな白味噌とチーズの相性も抜群!ワインにも日本酒にも合いそう。

(プロフィール)

白石涼海(しらいし・りょう)さん

神戸市出身。国内、海外で料理を経験した後、本場の料理を学ぶためイタリアへ。マルケ州の料理学校で郷土料理を学び、パルマやシチリアの星付きレストランでも修業を積んで帰国。2013年12月、『イタリアン割烹 海』をオープン。清水焼や有田焼の器で供される料理は、見た目は和食、食べればイタリアンという、ギャップに驚くユニークな料理で客を楽しませている。

Photos: 下村亮人 Text: 柴田くみ子

(お店データ)

●住所 神戸市中央区中山手通3-2-1 トア山手ザ・神戸タワー111号 

●電話 078-599-8823 

●営業時間12:15〜(一斉スタート)、

18:00〜20:30ラストオーダー 

●休日 日曜夜、不定休

●予算 昼3900円、

夜おまかせコース7000円〜(前日までの完全予約制)

●URL http://italian-kobe.jimdo.com/

●席数 カウンター10席(禁煙)

​メディア掲載事例

​Anaori Carbon POTは様々なメディアで紹介されています。その一部をご紹介します。

​製品一覧

​カーボンによる革新的な機能とデザインにより世界で評価されている製品一覧です。

レシピ

『カーボンポットでどんな料理が作れるの?』難しいことはありません。プロが監修したレシピをご紹介します。