• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Twitter Icon
  • White TripAdvisor Icon

Copyright © ANAORI CARBON Co.Ltd. All rights reserved

Our Story
開発ストーリー

私が4~5歳の幼稚園だった頃の話です。亡くなった当社の創業者である父が冬になるとよく、七輪で甘くてホッカホカの焼き芋を焼いてくれました。「カーボンで焼いたらなんでも美味しくなるんやで~」と。そうです。七輪の中にはカーボンブロックが炭の代わりに入っていたのです。

 

それから20数年後、私が常連としてお世話になった自宅近くの居酒屋がありました。そこのマスターは昼は軽トラックで石焼き芋を売り、夜は居酒屋を数店経営する関西飲食業界では有名な企業家でした。

 

その頃、世の中は不況の真っ只中、当社もその波にのまれ受注量は激減しており、これを打開する何か良い商品開発はできないものかと日々思案していました。ある日、そのお店でマスターから昼の石焼き芋の話を聞いた私は「カーボンで焼くと遠赤外線効果で石で焼くよりも美味しく焼けるかもしれませんよ!」と話をしたのです。「では試してみましょう!」と返事をもらい私は簡易なカーボン焼き芋器を試作。すぐにマスターのところへ持参しました。

数日後、テストで何種類かの芋を焼いた結果、どれもが素晴らしく美味しく焼けたとのこと。「これはいけますよ!」とのお墨付きをもらいました。そして「きっとこれでお米を炊いたら遠赤外線効果で美味しいんだろうね」との会話から、次に開発をしたのがそのお店の人気商品である釜飯用の釜でした。それは羽釜タイプ形状の1合炊きの釜です。

 

アルミで作られている現状使用中の釜をお借りし、カーボンならではの割れやすさや欠けやすさなども考慮した試作品が完成。そして早速テストを重ねてもらいました。すると予想通りとはいえ「今まで食べたことのない旨味がお米から出ている!」と連絡があり、私も試食させてもらいました。

それはそれは本当に美味しく、驚きを超えて言葉では表現できないものでした。お米の艶といい、甘味といい、これまで電気炊飯器で炊いたご飯の味とはまったく違うものでした。

 

これにて当然のことながらこちらのお店でカーボン釜は採用となり、商品として世に出たのです。それから数ヶ月後、友人でもある京都や北摂地区の有名な焼肉店の店長が、あるお客様から「お前のところの店は肉はめちゃくちゃ美味しいけどご飯は普通やな」と言われ、私に「何か良い方法はないだろうか?」と相談がありました。

 

私は早速先ほどのカーボン釜を採用した居酒屋を紹介し、一緒に食べに行くことに。するとその店長は「これは美味しい!」と驚き、興奮を隠せませんでした。そしてすぐに採用が決まり、このお店では2合炊きの羽釜タイプのものを数十個納入させていただきました。そしてこれがその後某電機メーカーの高級炊飯器に採用され、ヒット商品となっていくとは予想もしておりませんでした。

 

それから数年後のことです。当社へ某電機メーカーより電話があり「貴社でカーボンの釜は作れますか?」との問合せがありました。

当社営業担当者は即答で「出来ます!」との回答。早速電機メーカーの開発責任者の方が当社へ来られて打合わせをおこなうことに。

そして夕方までの打合わせが終わり、開発責任者の方を高槻市にある焼肉店にお連れし、実際に食べてもらうことに。そのお店では「炊きたてご飯」という名前で2合の炊きたてご飯を1,000円で売っていました。待つこと1時間くらいでしょうか。店長が直々にカーボン釜で炊いたこの美味しいご飯を持ってきてくれました。

そして羽釜の蓋を開けてご飯をみると…そこには綺麗なカニ穴と艶々の美しい銀シャリがあります。開発責任者は食べる前に写真を撮りまくり、そして完食。するとひと言目に「これです!これで作った炊飯器が作りたいんです!」と興奮した口調で私たちに気持ちを伝えてくれました。

 

それから2年半の歳月をかけて発売されたのが、某電機メーカー様より発売された世界初のカーボンを内釜に使った電気炊飯器であります。

 

これはカーボングラファイト材で作られた製品が工業分野だけでなく、一般消費材として量産されたほぼ初めてのケースと言って問題ないでしょう。この開発期間にこの釜に使う素材の選定、遠赤外線の量や調理器具としての安全性など多くの分野でテストを繰り返し、カーボン製品メーカーとしてのデータ蓄積をおこなってきました。

 

当社はこれまでカーボングラファイト材で作った調理器具は数十種類に及びます。また会社の保養所にはカーボングラファイト材で作ったピザ釜や燻製釜、ダッチオーブン、そしてカーボングラファイト材を浴槽に敷き詰めて作った露天岩風呂ならぬ露天カーボン風呂。カーボン風呂は身体の芯から温まり、遠赤外線効果が自分の体で体験できる素晴らしいものです。この保養所ではカーボングラファイト材の本物効果を社員や社員の家族、お取引様の皆さまに実際に体験していただきご意見を頂戴する場として現在も活用しております。

 

その中で一番ご要望をいただいた商品が、多目的調理器具であるカーボンポットです。炊く、煮る、焼く、蒸す、解凍といった調理や使い方が可能であり、直火やIHクッキングヒーター、オーブン、といった多岐にわたる使い方ができます。

 

私たちはカーボングラファイト材の良さを最大限に引き出し、カーボン調理器具として大きく幅を持たせた製品を作りたいと常々考えていました。

それが私たちカーボン製品メーカーとしての使命であり任務であると思っております。

 

アナオリカーボンポットは50年を超える私たちの経験の集大成の一つであると言えます。

穴織カーボン株式会社 代表取締役

​穴織 英一

ANAORI CARBON について

1962年モーター用のカーボンブラシ製造にて創業を開始、以後工業用カーボングラファイトの精密加工、カーボン断熱材の製造において50余年に渡り技術力を磨いてきたモノづくり企業です。

​Artisan

匠の技と最先端技術によってつくられます。

Development Engineer

​開発担当エンジニアからのメッセージ。

​Designer

デザイナーからのメッセージ。